ニーチェの名言や言葉から学ぶ、後悔しない生き方とは

ニーチェ 言葉 後悔しない生き方厳選本

現代に生きている人間のための哲学を打ち出したニーチェ

ニーチェの名が今だに世界的に知られているのは、
ニーチェの鋭い洞察力は現代にも通じる
「真理」、「善」、「道徳」こそが
大切だと強く説いていました。

ニーチェの言葉や名言を簡単に
わかりやすく解説していきます。

この記事を読むことで、あなたも生きていく上で、
大切なこと、後悔しない生き方をするための
ヒントやきっかけになることを信じてやみません。

スポンサーリンク

ニーチェの名言や言葉から学ぶ、後悔しない生き方。ニーチェって誰?

ニーチェはドイツの偉大な哲学者で、
1844年に牧師の子供としてうまれました。

24歳でスイスバーゼル大学の
古典文献学の教授となりました。

その後、35歳で教授をやめてから
各国を漂泊しながら、本の執筆を続けています。

ニーチェの代表作には「ツァラトゥストラはかく語りき」
「善悪の彼岸」、「人間的な、あまりに人間的な」
「ショーペンハウアー」等があります。

ニーチェの名言や言葉 解説


心にはいつもの喜びを!

もっと人生で喜ぼう。
ちょっといいことがあっただけでも一杯喜ぼう。

恥ずかしがらず、我慢せず、遠慮もせず笑いましょう。
素直な気持ちでこどものように喜ぼう。

喜ぶことでくだらないことも忘れ、
他人への嫌悪や憎しみも薄くなります。

周囲の人々もうれしくなるくらいに喜びましょう。
この人生をもっと喜び、嬉しがっていきよう。

朝起きたら考えること、誰か一人だけでも今日喜ばせられないか考える

毎日を良いスタートで始めるために、
目覚めた時に、今日一日の間に少なくとも誰かひとりに、
少なくとも一つの喜びを与えられないかと考えること。

そして、この考えが実現するように一日を過ごすこと。

この習慣を多くの人が見につければ、
あなたの人生はよりよいものになり、世の中も変えていく。

誰かを喜ばせることは、自分をも喜びで一杯にします。

どんな小さいことでもよいので、
他人を喜ばせることができると、
わたしたちの心は喜びで一杯になるのです。

この人生を、もう一度そのまま繰り返してもかまわないという生き方を!

今をちゃんと楽しめているか?
できるだけ幸福に生きよう。

そのためにも、まずは今を楽しむこと。
素直に笑い、この瞬間を全身で楽しんでおくこと。

少しの悔いもない生き方をしましょう。
いつかは終わる人生なのだから、全力で生きよう。

時間は限られているのだから、
チャンスはいつも今しかない。

歴史を毎日刻みながら生きる

わたしたち一人ひとりの歴史があります。

それは日々の歴史であり、今日この一日に、
自分が何をどのようにするのかが、
この日々の歴史の一ページになります。

怖がって何もせずに一日を終えるか、
怠慢で何もせずに終わるか、
それとも勇敢に何かチャレンジするのか、

昨日より優れた自分になろうとするのか、
この一つ一つの態度や行動が、
あなたの歴史をつくりあげるのです。

夢に責任をもて!

どうして自分の夢に責任をもたないのか?
それほど弱い夢なのか?勇気がないのか?
自分だけの夢ではないのか?

最初から自分の夢に責任を取るつもりがないから、
いつまでも夢がかなえられないのだ。

夢の実現こそ、きみがもっている
精一杯の力でなすべきものではないのか。

理想や夢をすてるな!

理想や夢を捨てるな。

理想や夢をもっていた青春時代をなつかしむのではなく、
今でも自分を高めることをあきらめてはならない。

理想や夢を捨てると、理想や夢を持つ人を
嘲笑するようになり、心がそねみや嫉妬にそまってしまう。

また、向上心や克己心もなくなってくる。

よく生きていくためには、
理想や夢を決して捨ててはならない

人間は「どこから来たか」ではなく、「どこへ行くか」が最も重要

どんな将来を目指しているのか、
どこまで高くへ登ろうとするのか、
どんな道を切り開き、何を創造していくのか。

絶えず進み、より遠くへ、より高みを目指していけ。

これがもっとも重要で、価値あることである。

ニーチェの名言や言葉から学ぶ、後悔しない生き方 まとめ

より良い人生を送っていくために、
数々の名言や言葉をニーチェは与えてくれています。

夢や理想をもち、それを叶えるたえに
毎日一歩一歩進んでいく。

まわりの人々を喜ばせながら、
後悔のないような人生を送りたいですね。


ニーチェの言葉がまとまって本が
とてもわかりやすくて、よかったので
紹介しておきます。

後悔しない生き方、人生を送りたいあなたへの「厳選本5選」の記事はこちら

本が読み放題のサブスクサービス、あなたにおすすめはこれですの記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました