良い本の選び方 「6つの鉄則」 お金も時間も無駄にしないために

良い本 選び方 6つの 鉄則厳選本

良い本の選び方「6つの鉄則」を紹介します。

あなたの貴重なお金や時間を使うのですから、
しっかりと良い本を見極めて買いたいものですね。

3千冊以上の本を読んできた私の経験から、
良い本の選び方を説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

良い本の選び方 「6つの鉄則」お金も時間も無駄にしないために

良い本の選び方 「6つの鉄則」 1. 著者の経歴を確認する

良い本を選ぶ鉄則の1つ目は、
著者の経歴を確認することです。

つまり、誰がこの本を書いたのか。

特にビジネス本やハウツー本の場合は、
誰が書いたかが重要です。

著者が「実際にビジネスや、その道で成功した人か」、
「実体験を元に書かれたものなのか」を確認しましょう。

著者がその道で実際に成功しており、
そのノウハウを記載した本であれば、買う価値が高いです。

一方、〇〇コンサルタント等と名乗り、
ノウハウをまとめている著者は要注意です。

それらしいことを言っていても、
中身が伴わないことが多く、
「20代のうちにやっておくべき〇〇個のこと」等という
タイトルにそのような本が多いと感じます。

題名はキャッチーで魅力的で、読みたいな!
と思うのですが、読んだあとに身にならないことが多いです
(もちろん良本もありますが)

良い本の選び方 「6つの鉄則」 2 タイトルを確認する

良い本の選び方の二つ目の鉄則は、
タイトルを確認することです。

タイトルはあなたがビビっときたものを
手に取ればよいです。

ただし、あまりにもタイトルのインパクトが強すぎる本は、
大体中身が伴わないことが多いのでご注意を。

タイトルはシンプルなのに、
とても興味をひくもの、そのような本に良本が多いです。

良い本の選び方 6つの鉄則

良い本の選び方 「6つの鉄則」 3 見出しやはじめにの部分を確認する

良い本の選び方の鉄則3つ目は、
見出しやはじめにの部分を確認することです。

見出しやはじめの書き出しは、
著者が述べたいことが要約されて書かれています。

まずは、この冒頭や見出しの部分を見て、
ググっと惹かれるものがあるか確認してみましょう。

冒頭や見出しは、渾身の力を込めて
書かれている箇所なので、
冒頭や見出しが面白くない時点で、
その本は面白くないことが多いのです。

良い本の選び方 「6つの鉄則」 4 過去のロングセラーから選ぶ

良い本の選び方鉄則4つ目は、
過去のロングセラーから選ぶことです。

ロングセラー=時代を経て人気であり続ける本は、
長年にわたって人気な理由があります。

ロングセラー本は、過去から現代にかけて、
どの時代にも通じる「原則」や
「普遍の真理」を記載しており、

どの時代にでも役にたつため、
ロングセラーとして売れ続けているのです。

どのような分野であれ、ロングセラー本を
5冊程読んでみてもらえるとわかると思いますが、
大体同じような内容が書かれています。

なぜかというと、どのロングセラー本も、
どの時代にも通じるような「原則」を記載しているためです。

何かの分野を深く勉強したい、
マスターしたいというあなたに
おすすめなのは、

その分野のロングセラーを5冊買って、
何度も読んでみることです。

これで、あなたもその分野の「原則」を
ある程度マスターすることができます。

良い本の選び方 「6つの鉄則」 5 尊敬する先輩や見上の人に聞く

良い本の選び方の5つ目の鉄則は、
尊敬する先輩や見上の人に聞くことです。

世の中の成功者や、尊敬する人々は、
読書をする人が多いですが、
先人たちが最もおススメする本を聞いてみましょう。

尊敬する、成功している人々が
おススメする本というのは、
仕事や生きる上での深い洞察が
書かれたものが多いものです。

また、その道に詳しい有識者や大学の教授等が
おススメする本も、読む価値が高いです。

良い本の選び方 「6つの鉄則」 6 最新のベストセラー、人気本から選ぶ

良い本の選び方6つ目の鉄則は、
最新のベストセラー、人気本から選ぶことです。

最新のベストセラー・人気本=良書とは
限らないのですが、ロングセラーではカバーできない
最新の情報が含まれているので、

ベストセラー・人気本も読む価値は
多いにあると考えます。

良い本の選び方 「6つの鉄則」 お金も時間も無駄にしない まとめ

良い本の選び方「6つの鉄則」は

  1. 著者の経歴を確認する
  2. タイトルを確認する
  3. 見出しやはじめにの部分を確認する
  4. 過去のロングセラーから選ぶ
  5. その道の尊敬する先輩や目上の人に聞く
  6. 最新のベストセラー人気本から選ぶ

本は読めば読むほど、その本が良書なのか
どうかがパッとわかるようになります。

最初のうちは、どの本が良い本なのか
見分けがつきにくいので、
上記の鉄則にならって本を読んでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました