斎藤一人 おすすめ本 「人生に成功したい人が読む本」

斎藤一人 おすすめ本 人生に成功したい人が読む本 厳選本

たった一度の人生なのだから、思い切っていろんなことにチャレンジして、成功したい!と考えているあなた。「銀座まるかん」の創業者で1993年から12年間連続で納税額日本ベスト10入りした実業家として知られる斎藤一人さんの「人生に成功したい人が読む本」が説いている成功する方法を解説していきたいと思います。

納税額のすべてが事業所得、つまり実ビジネスの成功を収めてきた斎藤一人の成功哲学を学ぶことで、人生で成功する法則を学んでいきましょう。

スポンサーリンク

斎藤一人ってどんなひと?

斎藤一人は、銀座まるかんの創業者で、1993年から日本の納税額ベスト10に12年間連続入りという日本新記録を打ち立てた実業家です。土地売却、株式公開等での高額納税者が多い中、斎藤一人はすべて事業所得=実ビジネスでの納税でトップ10入りを長い期間したことで、異色の存在として注目されている。日本中に斎藤一人のファンが多く、多数の本も出版しており、その教えは幅広くひろまっている。

斎藤一人の人生に成功するための法則の解説

成功者の考えを持ち、とっとと行動すること

自分の考えていることが、現実になる。つまり、楽しいことばかり考えてると楽しい人生になるし、不幸な人は不幸な考え方をしている。なので、成功するためには、まず成功者らしい考え方が必要。成功者らしい考えというのは、成功率が1%ですと言われた時に、成功確率が1%もあるんだ!自分は1%になって、豪邸を買うぞ!良い車を買って美人な女を隣に乗せるぞ!と考えるということです。

このような成功者の考えをしていると、勝手に脳がぐるぐる知らない間に、勝手に成功する方法を考えてくれている。そして、突然アイデアをひらめくことがあるので、すぐにそのアイデアを試すこと。成功というのは、これの繰り返しをしたらいいと説いています。

成功に向けて継続すること

社会人になると、勉強を継続する人がめっきりいなくなります。なので、社会に出てからも勉強を続けると、まわりをゴボウ抜きできます。自分の夢を描き、成功するぞという強い気概を持って、成功に向けて努力を継続すれば、いつのまにかあなたも成功者の仲間入りです。もっと上へ、上へと思って伸びていくこと、これが大事なことなのです

いま、行動する

来世あんなことをやりたいなあ、いつかあれをやりたいなあ。来世やいつかやりたいことは、今すぐに実践することです。いまできることの一歩をまずは踏み出すこと。そうすると、行動が加速して、来世やいつかやりたいことがどんどん現実になっていきます。小さな成功がつらなって、道になり大きな成功が手にはいるようになります

ワクワクすることをやる、人のためになることをやる

これ!やりたい!と思うもの、そしてワクワクするもの。あなたが明るくて人に親切にしているならワクワクすることをやりましょう。小さなことからはじめましょう。小さな成功を繋げて大きな成功に育てましょう。

もしワクワクすることがなかったり、やりたいことも思いつかないのであれば、できる範囲の中で、人のためにただ尽くしましょう。人の喜ぶことをやっていきましょう。愛のある言葉を使い、笑顔で接する。それを忍耐強くやってると夢や自分がやりたいことがでてきます。

成功するためには見映えが大事

成功するためには、他人にあの人はすごそうだ!と思われる必要があります。なぜならあなたを成功させるかどうかは他人が決めるからです。ナメられたら信用もなにも、相手にされません。なので、商売をする人は、自分の予算内でより高そうに見えるものを身に着けること。そして、おどおどせずに、自信のある態度で臨むこと。あなたがまるで既に成功者であるかのようにふるまうことが大事なのです。

まとめ

斎藤一人の「人生に成功したい人が読む本」は、斎藤一人が実践してきた成功哲学をとてもわかりやすく、過去の体験も含めながらまとめています。成功者の考えを持ち、すぐに行動する、これを継続して、人に愛のある言葉や態度で接していく、とってもシンプルな教えでした。

あなたも是非、実践して成功者の仲間入りを果たしましょう。

タイトルとURLをコピーしました