「金持ち父さん 貧乏父さん」の要約。投資初心者への厳選本

金持ち父さん貧乏父さん 要約 厳選本

ロバートキヨサキが書いた「金持ち父さん 貧乏父さん」は、投資初心者にぴったりの厳選本です

「金持ち父さん 貧乏父さん」は、世界中でベストセラー・ロングセラーになったお金に関する本。お金持ちになるための基本的な考えについて詳しく記載しており、お金の使い方がわかる一冊です。

こんな人におすすめです

これからお金持ちになっていきたい

お金に縛られずに、自由な生活がしたい

それでは「金持ち父さん貧乏父さん」の大事なポイントを要約・解説をしていきます

スポンサーリンク

「金持ち父さん 貧乏父さん」とは? 投資初心者への厳選本

「金持ち父さん 貧乏父さん」は、全世界で3000万部以上販売されている、ベストセラー本です

金持ち父さんと貧乏父さんが登場する、物語形式のビジネス書で、お金に関する考え方の違いが人生に大きく影響することを教えてくれる良書です。

「金持ち父さん 貧乏父さん」の内容自体はとっても素晴らしい本で、お金持ちになるための「原則」が説明されていますので、投資初心者のかたには是非読んで頂きたい厳選本です

学校で教えてくれない、お金のことをきっちり理解できる意味でもとても良い本です。


なぜ「金持ち父さん 貧乏父さん」を投資初心者が読むべきか

世の中にはいろいろな自己啓発本や、お金を稼ぐための方法論を記載した本であふれています

しかし、これらのお金を稼ぐための方法論などを記載した本は、投資や稼ぎ方の小手先のテクニックや、稼ぎ方の一部を説明している本が多いのです

一方、金持ち父さん 貧乏父さんは、お金持ちになるためにはどのような考え方が必要なのか、どのようなビジネスに今後投資していく必要があるのか、どのような仕事をする必要があるのか、お金持ちになるための「原則」が説明されています

これから投資をはじめる人、投資初心者のあなたは、まずこの金持ち父さん 貧乏父さんを読むことで、このお金持ちになるための考え方・原則を理解することが大切なのです

「金持ち父さん貧乏父さん」の要約1 金持ちはお金のために働かない

お金持ちになれない大多数の人々は、お金のために働いている。一方、金持ちはお金のために働かない。金持ちは自分のためにお金を働かせるということ。

お金持ちになれない大多数の人々は、「ラットレース」朝早く起きて、仕事に行き、クレジットカードやローンの毎月の支払いをする。少し給料があがったとしても、少しいいものを買い出し支出が増える。

そして朝早く起きて、仕事に行き、毎月の支払に追われる。このラットレースを死ぬまで永遠に繰り返すことになる。

お金持ちは、自分が働かなくても、お金がお金を増やすように働いてくれるような仕組みやビジネスをつくりあげる。もしくはお金が働いてくれるようなものに投資するのです。


「金持ち父さん貧乏父さん」の要約2 お金の流れの読み方を学ぶ

金持ちになりたいのであれば、お金についての勉強をしなければならない。まずは、資産と負債の違いを知ることが第一だと説いています。

金持ちは資産を手に入れる。金持ちになれない人は、負債を手に入れ、資産だと思い込む

本当の資産とは以下のようなものをあげています。

  • 収入を生む不動産
  • 株・投資信託
  • 手形・借用証書
  • 債権
  • 印税などをうむ知的財産
  • 音楽・書籍等の著作権、特許
  • その他価値あるもの、収入を生み出すもの

つまり、資産とはあなたが働かなくても、毎月もしくは毎年あなたにお金をもってきてくれるもののことを言っています。

一方、上記にあてはまらない、あなたの持ち家、車、高級時計でさえ、あなたにお金をもってきてくれないものは負債なのです。

つまり、大多数の人々が、持ち家、車、高級時計のような「負債」を手に入れることばかりに躍起になるため一生金持ちになれずに終わり、お金持ちはあなたにお金をもってくる「資産」をどんどん増やしていくことで、お金持ちになっていくのです。

「金持ち父さん貧乏父さん」の要約3 自分のビジネスをもつ

自分のビジネスを持つことが、本当の資産をもつことだと説いています。ここでいうビジネスとは、自分がその場にいなくても、働かなくても、収入を生み出すビジネスです。

お金持ちになるためには、今の仕事を続けながら、資産を蓄え、ビジネスを作るために準備していくことが必要だと説いて説いています

「金持ち父さん貧乏父さん」の要約4 会社をつくって節税する

会社をつくって、自分のビジネスをもつ。会社を作ってビジネスをすることで、法律の範囲内で節税が可能になります。

会社を持っていないあなたは、稼いだ金額すべてに対して税金を払う必要があります。一方、会社をもっているお金持ちは、稼いだ金額から経費を差し引いたのちに、税金をはらうことができます。

つまり、お金持ちは使った経費の分の税金は支払う必要がないのです。考えてみてください、会社が買った社用車やマンションは経費として落とすことで、これらの税金は払う必要がありません。

しかも、社用車は会社が払ったのであり、あなたが個人的にお金を払う必要がないまま、車が手に入ってしまいますね。会社を設立することで、お金持ちになれるスピードが変わってくるのです。

「金持ち父さん貧乏父さん」の要約5 金持ちはお金を作り出す

お金を作り出す上で、重要な4つの力は

  1. 会計力:お金に関する読み書きの能力、数字を読む力
  2. 投資力:投資(お金がお金を生み出す)を理解し、戦略を立てる力
  3. 市場の理解力: 需要と供給の関係を理解し、チャンスをつかむ力
  4. 法律力: 会計や会社に関する法律、国の法律に精通していること

株、家、投資信託、商品が何であれ、上記の4つがすべてのビジネスの土台になる。

時代、市況、需要等の動向に合わせて、投資の対象をうまくかえていくことが大事になる。

「金持ち父さん貧乏父さん」の要約6 お金のためでなく学ぶために働く

いくら稼ぐかではなく、「何を学べるか」で仕事を探す。ラットレースにはまる前に、あなたは将来どのようなことを習得したいかで仕事を探す。

専門的なことを学ぶよりは、広いビジネスの知識を学べる会社で学び、それを後輩に教えていくことで、自分がビジネスを立ち上げることを見据えて学んでいくことが大事

ビジネスの力を身に着けながら、資産を少しずつ積み上げる。もしくは資産を購入するための元手を着実につみあげていくことが大事だ。

「金持ち父さん貧乏父さん」から学ぶ、ビジネスで成功するヒント

金持ち父さん貧乏父さんから学べる、実際にお金持ちになれるビジネスのヒントを以下に記載しておきたいと思います

  • 株式を「バーゲン」で買う。優良株を株価大暴落時に大量に買う
  • 買い手を見つけてから、売り手を探す。買いたい人を探し回った後に、売り手と30台まとまて価格交渉をする。→買い手はみつかっており、在庫も残らず、調達も安く仕入れられる。
  • 需要と供給がミスマッチな場所を探す。欲しい人が一杯いるのに、モノがすくないと価格を高く販売できる

「金持ち父さん 貧乏父さん」の要約。投資初心者への厳選本 まとめ

「金持ち父さん 貧乏父さん」の要約、お金持ちになる秘訣とは

  1. お金にお金を稼がせる
  2. 「負債」ではなく「資産」に投資する
  3. 自分がその場にいなくても、働かなくても、収入を生み出すビジネスをもつ
  4. 会社をつくって節税する
  5. 時代、市況、需要等の動向に合わせて、投資の対象を変えてお金をつくる
  6. 自分がビジネスを立ち上げるために学ぶ

正直、目からウロコの内容も含まれているので、本気で投資やビジネス、お金持ちになりたいと考えているあなたは、実際に本を読んで、考え方をあたまにインプットすることをおすすめします


続編である、「金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント」も、あわせて読まれることをおすすめします。


タイトルとURLをコピーしました