吉田松陰が教えた「後悔しない生き方」の名言や本を解説

吉田松陰 名言 本厳選本

吉田松陰は幕末において、「松下村塾」で多くの若者に影響を与え、

明治以降の日本で活躍する偉人たちを育てた、偉大な思想家・教育者

そんな松田松陰が説く「後悔しない生き方」を吉田松陰の名言や本からわかりやすく解説していきます。

誰もがどのように生きていけばいいのか、生きる目的がなかなか見えないこの世の中で、

誰よりも熱く、冷静だった天才思想家だった吉田松陰の教えや名言を学び、後悔しない生き方を学んでいきましょう

あわせてよみたい
スポンサーリンク

吉田松陰が教えた「後悔しない生き方」の名言 吉田松陰とは?

吉田松陰は、1830年に長州藩(現在の山口県)に生まれた思想家・教育者です。

1857年に叔父がひらいた「松下村塾」を受け継ぎ、高杉晋作、久作玄瑞、山縣有朋、伊藤博文等、

幕末から明治維新で活躍する偉人たちに大きく影響を与えた人物です。

吉田松陰は、これほど型破りな日本人はいなかったと言われる程の人で

日本にとって何が一番大事なのかを考え、決まりや概念は気にせず、数々の思い切った行動に出ました。

また、吉田松陰は幕末の長州藩の思想をリードし、日本全体の思想にまで強い影響を与えた人物です。

爆発的な行動力、読書量も尋常じゃなく、多くの名言を残し、誠実でピュア、優れた教育者であった吉田松陰ですが、

30歳という若さで、有名な安政の大獄にて、斬首されてしまいます。


吉田松陰が教えた「後悔しない生き方」の名言

誠の心で、一歩を踏み出し、やりきること

私欲を捨てて、誠に生きる。

見返りをもとめず、他人のため尽くす。

この気持ちを持ち続け、まずは行動すること、一歩を踏み出すこと

自分の心がそうしなさいと言っているのであれば、誰が何を言おうと一歩を踏み出す。

自分が世の中の流れや環境を変える意気込みで、余計なことは考えず、

行動を積み重ねれば、必要な知識や言葉はのちのちついてくると説いています。

また、たいていの人は途中でやめたり諦めます。

やりきるまで、手を放さずに、たった一回負けただけで諦めず、過去を振り返らず、全力を出し切る

あとは天命にまかせる。

これが大事なことと言っています。

「誠」の気持ちはあるか、他人へ尽くしているか、誰かのためになることなのか、よく考えることも大事だと言います。

本当に大切なことは何か、その大切なものに今できることは何か

人間は自分の暮らしや地位、家族、実績等を守るために、「居場所を守るために生きる」ようになると説いています。

吉田松陰は、目の前の安心を守るのではなく、正しいと思う困難をいつも選択していました。

逆境や不安に動じることなく、自分が信じる生き方を貫くことが、心からの満足を得られる生き方だと信じていました。

本当に大切にしたいことは何か、その大切なもののために今できることは何か

この問いの繰り返しが退屈な人生を鮮やかに彩っていくと言います。

いつでも死ねる生き方をしなさい

人は能力ではなく生き方が大事で、知識ではなく行動が大事です。

まわりに感謝し、人に喜ばれることをすれば、心は自然に磨かれていきます。

権力に屈したり、お金に心を動かされず、事態が急変しようが、相手が取り乱しても、やわらかな心を持ち続ける。

世の中の流れに逆らってるかもしれない、自分にとって大事な人を敵にまわすかもしれない、

自分の生き方を貫くためにはそんな不安と戦うことになります。

現状を維持してもいいし、不安と戦いながら理想を目指してもいい。

ただ、道半ばで倒れたとき、これが自分の人生だったって笑いながら言えるのは、あなたにとってどちらでしょうか?

他人から馬鹿にされたくない、みんなそういうことばかり気になってしまうものです。

家や服がぼろぼろだとか、いいご飯が食べれないとか、お金がないとか。

他人から今愛されていようと、明日みんなの心が離れてしまうこともあるでしょう。

ですから、大事なのは、自分はどう生きたいのか、どう生きていくのか、この方針に従って生活することが大事なのです。

リーダーの道を極める方法は、才能のある人たちと交流するか、本を読み漁るかだ

リーダーをきわめる道は、知識の豊富な人、才能のある人たちと交流するか、

世界中のさまざまな分野の本を読むことだと言っています。

それが難しい人は、以下の6つを習慣にしたらよいと説いています。

1. この組織は「なんのために存在しているのか」を考える

2. 今、自分が与えられている役割の中で 「最も重要な果たすべき責任は何か」を考える

3. 「この組織が好きで、尽くしてくれる人」が成長できるチャンスを作ること

4. 「最近うまくいっている事例」を情報収集する

5. 何者かが自分の領域を侵さぬよう、外の状況を見張ること

6. いつでも従業員とお客さんを愛すること。それを第一に考えること。

吉田松陰が教えた「後悔しない生き方」の名言 まとめ

自分の生きかただけが、自分を救うことができる

一番大切なことは何かをよく考え、
今できることをあきらめずに一歩ずつ進んでいくこと。

「誠」や感謝、他人へ尽くすことを自分の志の中心において、生きていくことで、

時代や周りの環境に関わらず、あなたが本当に後悔しない人生が送れるということを説いています。


あなたも、本当に一番大切なことをよく考えて、今できることをあきらめずに一歩一歩やっていくことで、

本当に後悔しない人生が送れることを願ってやみません。

タイトルとURLをコピーしました