ヨーロッパで飛行機が遅延欠航したらお金がもらえる話

ヨーロッパ 飛行機遅延欠航 お金 補償 厳選 トラベル

絶対に知っておきたいお得な話しです。

ヨーロッパ発着の飛行機が、遅延欠航した場合、お金がもらえる等のサービスが受けられる権利がEU法で定められています(EU 261法)。

この法律をきちんと理解しておけば、飛行機の遅延やキャンセルで600ユーロ(7-8万円)もらえるということもあります。

逆にこの法律を知らないと、何のサービスも受けられずに、お金ももらえないし、サービスも受けられないのです。

飛行機が遅延・欠航した時って、本当にショックを受けますよね。予定をキャンセルする必要がでたり、お金が無駄になったりと。

でも、この権利を知っていたら、逆にハッピーになることもあります。

どのような場合に、どのようなサービスやお金がもらえるのか、紹介していきます。

スポンサーリンク

ヨーロッパで飛行機が遅延欠航したらお金がもらえる話 適用範囲

飛行機遅延や欠航により、お金をもらえたり、サービスを受けられる適用範囲・条件は

  • EU加盟国を出発する便
  • または、EU加盟国の航空会社を利用してEU国内に到着する便が対象。
  • フライトキャンセルを除き、出発時刻の45分前までに搭乗手続きが終っていること
  • 公示運賃を払っての搭乗であること
  • 悪天候、ストライキ、政情不安、保安上の危険、予期せぬ飛行安全上の問題を除く

最後の悪天候等は、定義があやふやな部分があります。

航空会社によっては、悪天候で飛行機が遅れた場合も、補償金を支払ってくれる場合があります。(実際に私は悪天候での飛行機遅れで、お金の補償をもらいました)

悪天候等で飛行機が遅れたり、キャンセルとなった場合も、念のため補償のリクエストをしてみるのがおすすめです。

ヨーロッパで飛行機が遅延欠航 どんなサービスや補償をうけれるか

飛行機が遅延や欠航した場合、航空会社から以下のサポートや補償が受けられます。

冒頭に記載しましたが、これらはEU法261に記載されている、お客の権利です。

  1. お金・補償金 (具体的に後ほど説明)
  2. 飛行機遅れを待っている間の、飲食費用
  3. 必要に応じたホテル宿泊費
  4. ホテルまでの交通費
  5. 短時間の電話やE-mail代 (2回分)
  6. 代替便の無料手配、もしくは購入金額の払い戻し

例えば、フライトがキャンセルされて、翌日にしかフライトできなくなった場合、

翌日のフライトを無料で手配してもらい、ホテルにタクシーで無料で移動し、ホテルに無料で宿泊し、ご飯も無料で食べて、且つ補償金(ざっくり3-8万円)ももらえるということです。

送れの具合や、代替便の時間等によって、補償内容が変わってきますが、知ってるととってもお得な内容だと思いませんか?

ヨーロッパで飛行機が遅延欠航 補償金はいくらもらえるか

肝心のお金がいくらもらえるか、いくら補償金が出るのかについてですが、補償金は距離によって異なります。

  • 1500km以下 2時間以上の到着遅れで250ユーロ
  • 1501km-3500km 3時間以上の到着遅れで400ユーロ
  • 3501km以上 4時間以上の到着遅れで600ユーロ

例えば、EU加盟国のドイツから日本への飛行機が4時間以上遅れたら、600ユーロもらえます。4人家族での旅行の場合、4X600ユーロ=2,400ユーロ(ざっくり30万円)の補償がもらえます。

フライトが4時間遅れるのはもちろんありがたくないですが、それで30万円もらえるなら、わたしはおくれてもいいなとおもってしまいます。いや、むしろ遅れてくれと思います。

ちなみに、フライトキャンセルになり代替便を利用した場合、到着遅延がもともとの予約便の到着予定時刻から計算して

  • 1500km以下 2時間以下の到着遅れで 125 Euro
  • 1501-3500km 3時間以下の到着遅れで 200 Euro
  • 3501km以上 4時間以下の到着遅れで 300 Euro

つまり、お金をもらえる金額が半分になるということです。

ヨーロッパで飛行機が遅延欠航 補償やお金をもらうための申請先

補償金やサービスを受けるために、どうすればいいかという話しです。

これらの補償の申請先については、基本的には直接航空会社に請求することになります。

フライトが遅延やキャンセルになった場合は、航空会社のカウンターや航空会社のスタッフに、EU261法にのっとって、補償を受けたいと言うと、具体的な申請方法や申請先が記載された紙を渡してくれます。

お金の補償やサポートの申請時には、フォーマットが準備されている会社もあれば、フォーマットがない会社(E-mailで申請)もあります。

フォーマットがない場合は、必ずEU261法にのっとって、補償を申請すると記載してくださいね。

ヨーロッパで飛行機が遅延欠航 実際に補償を受けた事例

私自身の経験ですが、以下が補償を実際に受け取った事例です。

  • ドイツ→日本 ANA便キャンセルで20時間遅れ 600ユーロの補償、ホテル、夜ごはん
  • ポルトガル→ドイツ TAP便 4時間遅れ 400ユーロの補償、昼ごはん代
  • ドイツ ベルリン→ミュンヘン Lufthansa 3時間遅れ 250ユーロの補償

これ以外にも5回補償を受け取っていますが、ANA・Lufthansaはとってもきもちよく補償を支払ってくれる感触があります。

断られた事例としては、Swiss AirlineとFlybeですね。スイスとイギリスはEU域外だからということでしょうかね。

ヨーロッパで飛行機が遅延欠航したら お金や補償がもらえる まとめ

ヨーロッパで飛行機が遅延や欠航したら、お金や補償がもらえることがありますので、記事をじっくり読んで理解しておいて頂ければと思います。

実際には、細かな規定が航空会社によって異なったりしますので、お金や補償がもらえるかも!?と思ったら、きっちり航空会社のカウンターやスタッフに行って、EU261法にのっとって補償を受けたい!と言ってみましょう

色々な理由をつけて、サポートを断る航空会社もありますが、しっかり交渉してできるだけ補償を受けてみましょう。

海外旅行のトラブル事例と対策。30ヵ国を旅した経験から紹介
海外旅行のトラブル事例と対策を紹介します。海外旅行はとっても楽しくワクワクします。一方、残念ながら、海外旅行経験者の約45%は、何らかのトラブルに巻き込まれています。せっかくの楽しい海外旅行が、台無しになってしまうトラブル...
タイトルとURLをコピーしました