幸運を手にいれるための厳選本「Good Luck」の名言

Good Luck 厳選本 名言 厳選本

「Good Luck」は全世界でベストセラーとなった、物語調の本です。

「Good Luck」は、「幸運を手に入れるため」にはどうすればいいかに焦点をあてており、読んだ後に勇気や元気がわいてくる厳選本です。

「Good Luck」に書かれてある、幸運を手に入れるために必要な名言を紹介します

スポンサーリンク

幸運を手にいれるための厳選本「Good Luck」の名言


誰もが幸運を手にしたがるが、自ら追い求めるのはほんのひとにぎり

手にしたものは必ず幸せになるという魔法のクローバー。

愛・仕事・富、すべての面で幸福になるという魔法のクローバーがあるという話があったが、手に入れるのが非常に困難だとわかった時点で、

ほとんどの人が探すことさえやめてしまい、二人だけがクローバーを探しにいくことにした

自ら幸福を追い求めるのはほんのひとにぎりしかいないのだ

幸運をつかむためには、下ごしらえする必要がある

魔法のクローバーが生えるといわれる場所にいくが、この場所に魔法のクローバーは絶対にはえないと言われる。

主人公はなぜ魔法のクローバーがはえないのかを聞いた。それは、土が古く乾いているせいだとわかった

主人公は、魔法のクローバーをはやすために、土を入れ替えたのだ。魔法のクローバーを手に入れるには、下ごしらえが必要だったのだ

偶然や運しか信じぬものは、下ごしらえをするものを笑う。下ごしらえをするものは、なにも気にしなくていいのだ

幸運を呼び込む一つのカギは、人に手を差し伸べる広い心

主人公は、困っている人を助けることで、その困っている人から魔法のクローバーをはやすために必要な知識をえることができた

自分が欲するばかりでは幸運は手に入らない。人に手を差し伸べることも時には必要なのだ

どんなに大変でも、今日できることは今日してしまうこと

下ごしらえを先延ばしにしてしまえば、幸運は訪れてくれない。どんなに大変でも、今日できることは今日やってしまう。

そうすれば、明日は明日やらなきゃいけないことができるし、余裕をもった心で、大切なことを見落とさずにすむ

幸運をつかむためには、あらゆる可能性に目を向けなくてはならない

自分の知っていることがすべてとは限らない。成功や幸福をつかむためには、あらゆる可能性に目をむける必要がある。そして、幸福をつかむために、できることはすべてやることが必要なのだ。

幸運をエサにするような人は信じないこと

幸運をエサにするような人は信じないこと。幸運は売り物でも、道具でもないのだから。

できることをすべてやったら、焦らずあきらめないこと。自分には必ず幸運が訪れると信じ、甘い言葉には耳をかしてはいけない

幸運をつくるというのは、チャンスにそなえて下ごしらえしておくこと

幸運をつくるというのは、チャンスにそなえて下ごしらえをしておくことだ。

チャンスをえるには、運も偶然も必要ない。チャンスはいつでも目の前にあって、幸せを得るには地道な作業をコツコツ続けてこそ、はじめて手にすることができるのだ

幸運はいつだって手の届くところにあるのだ。幸運をつかめないのは、下ごしらえせずに、コツコツ準備もしないからだ。幸運をつくるというのは、自分でその条件をつくっていく必要があるのだ

幸運の下ごしらえは、自分にしかできないえが、今すぐはじめられるものなのだ

幸運を手にいれるための厳選本「Good Luck」の名言 まとめ

「Good Luck」に書かれている幸運を手にいれるために重要なことは以下の通りでした

  • 幸運を手にいれるために下ごしらえをコツコツしておくこと
  • 先延ばしせずに、今できることを今やってしまうこと
  • 人に役にたつことをしながら、自分の幸せをもとめていくこと

名言のみをピックアップしましたが、実際の物語を読まれると、心にすっと内容が入ってきますので、一度本を読まれてみることをおすすめします


物語調での厳選本として、以下の「頂きはどこにある?」もおすすめです

「頂きはどこにある?」人生の山と谷を生き抜く厳選本・名言
「頂きはどこにある?」は、仕事や人生における良い時期と悪い時期(山と谷)を思い通りに操るスキルを教えてくれる、厳選本です。人生の山と谷を生き抜くためのスキルを教えてくれる「頂きはどこにある?」のあらすじと、そのスキルを紹介していき...
タイトルとURLをコピーしました