本多静六の名言。本「私の財産告白」から学ぶ、資産形成方法

本多静六の名言。本「私の財産告白」から学ぶ、資産形成方法厳選本

日比谷公園や明治神宮などの建設に関わり「公園の父」と言われ、
東大教授でありながらも、投資家としても成功した本多静六(ほんだせいろく)。

大学教授がおもな収入源でありながら、100億円ちかくの資産を築きあげた、
本多静六のお金への考え、投資方法を記載した「私の財産告白」の中の名言を紹介します

本多静六の名言や考えから、王道の投資・資産形成方法を学びましょう。

スポンサーリンク

本多静六の名言。本「私の財産告白」から学ぶ、資産形成方法

1/4天引き貯金をやりなさい

金というものは雪だるまのようなもので、はじめはほんの小さな玉でも、その中心になる玉ができるとあとは面白いように大きくなってくる。少なくとも四分の一天引き貯金ではじめた私の場合はそうであった

本多静六

本多静六は、給料が入ったら1/4は天引きして貯蓄しなさいと述べています。
そして、臨時収入については全額貯蓄にしなさいと。

つまり、貯蓄=月度収入鵜X1/4+臨時収入全額

まずはこれを実施し、残りのお金で生活を回すようにすること。
これが、資産を形成していく上での、大事なことです。

この貯蓄を投資に回して資産形成していくのです

自発的、積極的に勤勉貯蓄につとめる


貧乏に強いられてやむを得ず生活をつめるのではなく、自発的、積極的に勤勉貯蓄につとめて、逆に貧乏を圧倒するのでなければならぬ

本多静六

本多静六は家族9人を養う必要もあり、貧乏で苦しみました。

そこで、貧乏で苦しむのではなく、自発的、積極的に勉学に励み、貯蓄につとめることで、逆に貧乏を圧倒することが、大事と述べています

勤勉倹約貯金にいそしみ、不景気で一気に投資する

事いまだ成らざるは、時節いまだ来らざることを信じてさらにいっそうの努力を続け、その時節の到来をまつべきである

本多静六

好景気時代に勤倹貯蓄にいそしみ、不景気に思いった投資をすることをすすめています。

つまり、株価が高いうちは資金を一気にためておいて、株価が安くなる不景気に向けて準備をしておいて、一気に買う。これが鉄則といっています。

また、本田静六は自分の得意分野であった山林投資で大きく、資産をふやしています。
つまり、自分が得意な分野で、投資をすることがもっともよいといえると思います。

2割利食い、10割益半分手放し

本多静六の投資方法は、きわめて単純なものでした

  1. 株が値下がりしたら売らずにほっておく
  2. 2割の利益が出たら利食いする
  3. 株が急騰し、2倍以上になったら、半分を売り半分は放置する

つまり、元本は必ず元をとり、残った分はそのままにしとくという方法ですね。

本多静六の名言から学ぶ、資産形成方法 まとめ

本多静六の資産形成方法の基礎としては、

  • 1/4天引き貯金+臨時収入は全額貯蓄。
  • 自発的、積極的に勤勉貯蓄につとめる
  • 貯蓄を元手に不景気で一気に投資する
  • 2割利食い、10割益半分手放しする

上記の手法を続けていけば、どんどん資産が雪だるま式に増えていくと説いています。

本多静六が唱える、資産の形成方法やその具体的な心構え、必要なことの詳細は実際に本を読んでみてもらえるのが一番と思います。


タイトルとURLをコピーしました