Le Creuset(ル・クルーゼ)とStaub(ストウブ)徹底比較 おすすめは?

ルクルーゼ ストウブ 比較 おすすめ厳選 プロダクト

Le Creuset(ル・クルーゼ)とStaub(ストウブ)の鋳物(いもの)ホーロー鍋 。

どちらもフランスの人気ブランドで、オシャレなので、
キッチンにおいてあるだけで見栄えがします。

Le Creuset(ル・クルーゼ)とStaub(ストウブ)  どちらを買うか迷うかたも多いと思います。
どっちを購入したらよいか、徹底比較をしてみます。

結論を述べてしまうと、Staub(ストウブ)の方が長く使えてお得です!

ただ、デザインや好みなどもありますので、以下詳細をみていきましょう。

ちなみに鋳物(いもの)ホーロー鍋とは、ふつうの鍋より、鍋全体に熱がよく伝わり保湿性が高く、素材の旨みを最大限に引き出すことができる、耐久性の強い鍋です。

スポンサーリンク

Le Creuset(ル・クルーゼ)とStaub(ストウブ)の徹底比較

Le Creuset(ル・クルーゼ)とStaub(ストウブ)を同じサイズ(22CM)で、それぞれ徹底比較してみます。

Le Creuset: ココット ロンド

Staub:    ピコ・ココット ラウンド

外見の違い

まずは、Le Creuset(ル・クルーゼ)とStaub(ストウブ)  の見た目から見ていきましょう。

ひとそれぞれ好みがあると思いますが、 見た目はどちらもオシャレですね。

ル・クルーゼはカラーやデザインが女性的なものが多く、

ルクルーゼ ココットロンド ホーロー鍋  デザイン 徹底比較
ルクルーゼ ココットロンド
<ル・クルーゼHPより>

ストウブは見た目にも重厚感があり、ガッシリしたイメージです。

ストウブ ピコ・ココット ラウンド デザイン 徹底比較
ストウブ ピコ・ココット ラウンド
<ストウブ HPより>

内側の違い

Le Creuset: 内側がクリーム色になっているので、料理の色の変化が見やすいです。匂いや汚れがつきにくいエナメルコーティングになっていますが、長年使うと焦げや汚れがついてきます。

ルクルーゼ 内側 ホーロー鍋
<ル・クルーゼHPより>

Staub: 凹凸使用になっており、焦げ付きにくいため、お手入れも簡単。丈夫で長持ちします

ストウブ ホーロー鍋 内側
<ストウブHPより>

フタの違い

Le Creuset: フタのつまみが耐熱使用になっているので、素手での取り外しが可能です。フタはStaubと比べると軽いので取り扱いやすいですが、密閉感はStaubの方が強いです。

ルクルーゼ ホーロー鍋 フタ
<ル・クルーゼHPより>

Staub: フタの裏に突起があり、旨味を含んだ水蒸気が、鍋全体に降り注ぐように設計されています。また、重くて密閉性に優れたフタになっています。

ストウブ ホーロー鍋 フタ
<ストウブHPより>

`調理へのこだわりがある方はストウブがおすすめです。ただし、その分ストウブはかなり重たいのと、つまみを素手でさわるとやけどします。

調理方法の違い

どちらも、煮る、焼く、蒸す、炊く、揚げる、炒めるなどの方法で調理が可能です。また、どちらも火・IH・オーブンにも対応しています。

容量と重量

同じ22CMのサイズでも、Le Creusetの方が容量が大きく、重量は軽いです。

Le Creuset:  容量3.3L、重量3.7kg 
Staub:          容量2.6L、重量4.0kg

価格

2020/12月時点で、Amazonで見てみるとStaubの方が10%ほど安いですね。

現在の価格はご自身でご確認くださいね
Le Creuset: ココット ロンド: だいたい2万5千円
Staub:ピコ・ココット ラウンド だいたい2万2千円



 Le Creuset(ル・クルーゼ)とStaub(ストウブ)の徹底比較。まとめ

結論、(1)耐久性があり長く使えること (2) 食材の旨みを充分に引き出せることから、Staub(ストウブ)がおすすめです。

ただ、軽さとフタの取り外しなどの点から、使い勝手はLe Creuset(ル・クルーゼ)のほうがよく、デザインや色が好みということであれば、Le Creusetを選ばれるのもよいかと思います。

タイトルとURLをコピーしました